社員の声

VOICE

河野 裕里

デジタルソリューション第一本部

法学部 政治学科卒

2016年入社

クラウドシステムの開発や
海外拠点の開設支援などを
手がけながら、
エンジニアとして
マネジャーとして成長中。

PROFILE

学生時代は法学部政治学科で社会学を中心に幅広く学びながら、部活の卓球に打ち込んだ。勉強では特にアンケートやインタビューなどを通じて社会の動向を浮き彫りにする社会調査法に興味を持った。就職では当初、メーカーなど幅広い業界を検討したが、文系卒でもシステムを創り出すことでものづくりの喜びが味わえるシステムエンジニアの仕事がしたいと考えるようになり、最終的にIT業界を志望。先輩社員や人事担当者の人柄のよさに惹かれ、NTTコム ソリューションズを選んだ。

入社後、初めて取り組んだ仕事は何ですか?

最初に配属されたのは金融機関を手がける部署でした。大手金融機関のグループ企業向けに、クラウドを活用するプロジェクトにアサインされ、大きなチームの中でシステムの提案から設計、構築までを経験。すでに進行中のプロジェクトに参加したので、まわりの迷惑にならないようすばやく状況を把握しながら仕事の流れに乗ることを心がけました。文系出身なので、最初は技術用語や業界用語、ITの基礎知識などわからないことが多く、戸惑いもありましたが、自分なりに調べたり、先輩などチームのメンバーに聞いたりして知識を習得していきました。より詳しく学びたいと思ったことは、社外のセミナーなどを見つけて参加。当社には必要な知識の習得を支援する制度があるので、こうした学びを積極的に行うことができます。特にクラウドは新しい技術分野なので、先輩にもわからないことがあるなど、経験の長さはあまり関係がない部分もあり、自分で習得法を考えながら学んでいくことの大切さを感じました。

入社以来経験した仕事と
現在、取り組んでいる仕事は?

2年目の途中から現在までは別の金融機関の海外出張所で使用するサーバ、PCのシステム環境整備を担当しています。お客さまの業務内容を学びながら要件定義から基本設計、詳細設計、機器の選定、システム構築、リリースへと進めていきます。お客さまの業務内容やオフィス環境などを理解するため、一度現地に出張して現地スタッフの方々ともお話しし、NTTコミュニケーションズのネットワーク運用部門とも連携をとりながら、より使い勝手のよいシステムを作り上げようと努力を重ねています。

仕事の面白さや、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

お客さまに密着してニーズを引き出し、機器の選定といった細かな部分も含めてトータルにシステムを作り上げていくという、学生時代にイメージしていたエンジニアとしての仕事ができているところにやりがいを感じています。私を含めて3名の小さなチームですが、主担当としてプロジェクトマネジャーを務めており、お客さまだけでなく、チームのメンバー、実際のシステム構築を手がけるパートナーさんなど、様々な人を結びながらベストな結果を出していくというところもこの仕事の醍醐味です。1年目から2年目に担当した案件では、リリース後の打ち上げでお客さまから「ありがとう」という言葉をいただき感激しました。ICTはテクノロジーだけの世界のように思われがちですが、そこにはソリューションを必要とするお客さまが存在し、我々が作り上げたものでお客さまに喜んでいただけるという喜びがあります。今進行中の案件はまだスタートしたところですが、お客さまに満足していただける結果を出したいと思います。

今後の目標を教えていただけますか?

まず今の案件でお客さまにもっと密着し、信頼していただける存在になること、さらに手がける領域を広げていくのが目標です。これまで手がけてきたのはサーバシステムで、当社の強みであるネットワークシステムはまだ未経験。今後はネットワークも担当して、トータルなソリューションを実現できるエンジニアへと成長していきたいと思います。

OFFは何をしてエンジョイしていますか?

大人になってからの趣味は旅行です。元々小さなころから鉄道が好きで、最近は好きなアーティストの全国ツアーに合わせて各地へ旅行にも出かけています。また最近日本酒が好きになり、友人とおいしいお酒が飲める店を開拓中です。これからはおいしい地酒を求めて旅に出るかもしれません。

VOICE一覧へ戻る