社員の声

VOICE

岩﨑 将矢

デジタルソリューション第二本部

情報電子工学科卒

2014年入社

お客さまに
一番近いところで、
世界の最新技術を
ダイナミックに組み合わせ、
最適のソリューションを
提供していく。

PROFILE

学生時代、情報工学や電気・電子工学、制御工学など、様々な分野を幅広く学んだ。ネットワークに興味を持ったのは、社内LANを構築する企業に、インターンシップで参加したのがきっかけ。「つながる」ことの面白さを実感した。「日本一の通信技術を誇るNTTグループの一員となりエンジニアにとして成長したい」と考え、グループの中でもNTTコム ソリューションズの「変化に柔軟に対応してICT業界の中を勝ち抜いていく」というメッセージに惹かれ、入社を決めた。休日は幼い頃から続けている野球で汗を流す。

入社後、初めて取り組んだ仕事は何ですか?

金融系企業の社内LANやデータセンタ内のLANの設計・構築に携わる部署に配属され、最初は新設するサーバと既存のサーバを通信させる業務を担当しました。判断を誤ると通信がダウンする怖れもあるため、慎重に緊張感を持って作業を進めました。無事に通信が実現した時は、初めて手がけた案件だけに、大きな達成感がありました。その後はお客さまの稼働中のネットワークにおいて、新たに導入したシステムとの接続やネットワーク機器の更改に伴う設定変更など様々な案件を担当。お客さまの複数のデータセンタを接続する大規模なネットワークの構築も経験しました。金融系のネットワークは社会的に重要なインフラであり、万が一障害が発生すれば、日本の経済に大きな影響を与えます。社会的貢献度の高いネットワークを構築し、大規模災害などの非常事態でもつながり続ける信頼性を実現することに大きなやりがいを感じながら仕事に取り組み、ネットワークエンジニアとして成長することができました。

入社以来経験した仕事と
現在、取り組んでいる仕事は?

入社4年目にNTTコミュニケーションズの次世代ネットワークSD-WAN(Software Defined WAN)のサービス開発と、サービスをお客さまに導入するための設計・構築を行う現在の部署に異動しました。SD-WANはソフトウェアで制御する仮想のネットワークで、これによってネットワークの自在な構築・変更・運用が可能になります。私はSD-WANサービスの開発段階からプロジェクトに参加し、現在はSD-WANのサービスをお客さまが導入するにあたり、使用するネットワーク機器やその設定の検証、お客さまのニーズを満たすためのサービス機能の検討や設定、検証などを担当しています。

仕事の面白さや、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

革新的な技術に携わりながら、新しい技術を吸収していくところにやりがいを感じます。また、新しいシステム、サービスを創り出すところから参加できたというところにも大きなやりがいがあります。新しい技術やベンダの新しい製品を用いるため、ベテランのエンジニアでも知らないことが多く、社内では誰も正解を知らないことにチャレンジしていく面白さもあります。わからないことは海外のベンダに問い合わせ、コミュニケーションの壁を乗り越えながら、約半年で基本サービスを開発したというスピード感も、これまでのNTTコミュニケーションズにはなかったものです。新しいことに挑戦し、試行錯誤しながら素早く新しいサービス、ビジネスを創り出していくというダイナミックさも、新しい分野の面白さだと思います。

今後の目標を教えていただけますか?

今後は順次SD-WANサービスの新しい機能をリリースしていく計画で、プロジェクトの一員として新しい機能やそこに使われる機器の検証を続けながら、お客さまへの導入も手がけていくことになります。振り返ると入社後まずお客さまに近いところで経験を積み、次に開発プロジェクトで新しい技術領域に携わる創造的な仕事を手がけることができました。そして今はまたお客さまに近いところでSD-WANサービスの導入を手がけています。NTTコムソリューションズの強みはお客さまに一番近いところでニーズに一番マッチするものを提案・提供できること。私も技術とそれを具現化するスキルを高めながら、お客さまに最高の価値を提案・提供できるエンジニアになりたいと思います。

OFFは何をしてエンジョイしていますか?

休日には学生時代から続けている野球で気分転換しています。職場の先輩の草野球チームに所属しており、主に多摩川の河川敷で練習や試合を行いながら楽しく汗を流しています。最近は新しくスケートボードも始めました。

VOICE一覧へ戻る